秀才か天才か

先日、練馬のショパンの美術展に行ってきた。

ショパンの生活の痕跡を見る

「美術」展示だろうとうきうきしていたら、

ショパンコンククールのポスターや、

彼の自画像がいっぱいで、

ちょっと方向性が違っていた。

予習が足りなくって、反省しました。

残り数日あるみたいです。




さて本題です。

その知人と天才や才能について話していたら、

いつの間にか、「秀才」と話がすり替わっていた。

既存概念のことをできても

楽しくないじゃないか、

と私は思うのですが、

既存のことをキレイに

成し遂げたいと思う人もいるですね。



外科医的に言えばわかりやすいけど、

難易度の高いと言われている

手術をきれいに仕上げるのが秀才。

まぁ、これもある意味天才ではある。

手先が天才的に器用とか、

目が天才的にいいとか、、、。

大変すばらしいことです。


もう一息、凄い天才っていうのは

新しい術式を思いついてくれる。

もしくは手術なしで済ませる方法を思いつくとか。

既存の枠から外れることができる。

こういう天才はスゴイ。

私はこういう天才が大好きです。

ありきたりのことは

たしなみとしてできて、

そのうえで新しい物や視点を作り出す。



ギフテッドもタレンテッドも

一見すると、普通のことができちゃうという点において、