私の頭の中で聞こえる音

以前、エルダンを例に出し、

アーティストの頭の中で聞こえる音の話をしました。

今回は私の頭の中を紹介します。



私はクラシカルな音楽トレーニングは受けてないので、

聞こえている音が、楽譜におきかわったりはしません。

全体を解析したりもできません。

○○形式だね、とかも分かりません。



私が聞いているのは、

絵本のようにストーリーを聞いている場合と、

音そのものの特徴を聞いています。



ストーリーについては基本的にどうこう思っても、

アートの部分なので直接口出しはしません。

何かしらの一貫性のなさや矛盾を感じると、

それが意図的に行われているのか確認はします。

そこが音がおかしい・ふさわしくないと

私にとって聞こえる場所だからです。

確認と軽いディスカッションをしたうえで、

演奏家が納得している音ならば、

そこはそのままですが、

提案が許される場合には提案をします。

こういうストーリーで、あなたの身体能力ならば、

Aという選択肢のほかに、

BやCという音の出し方もできそうです。

どうでしょうか?というぐわいです。

音そのものを全体としてクリアにしたり、

ヘビーにすることはどうですか?ということもあります。



私が聞いている音の二つめは音そのものです。

これはその人の身体能力を測るために聞いています。

教科書や携帯で解剖などを確認しながら、

ノートにメモを取っていきます。

こんな癖を持っている、ここは素敵だ、

ここは苦手だな、逃げたぞ、と聞きながら、

身体の使っている部位を目で見ている場合もあるし、

想像しながら、解析するときもあります。

ある程度慣れると見ないで解析できますが、

アンサンブルなど

ほかのプレイヤーとの兼ね合いがある場合は、

間合いをどうやって確認しているのかなどもチェックしています。

最終的には、体と脳みそと両方のチューニングを必要としますので、

演奏中の脳みその考えていることを追いかけてもいます。

音からだけではここは難しいですので、

見ていることが多いです。



こうやって確認された音をもとに、

リクエストがあればそれに従い、チューニングを行います。

何を見ているの?

聞いてるだけでわかるの?

よく聞かれるので、こんなことを考えていますという、

私の頭の紹介でした。

一緒にワークするときに、気に留めておいてもらえると

きっとスムーズにいくでしょう。

#イワシ整体Lab #音楽 #音 #聞こえる音 #聞いている音 #体から作れる音





閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先