筋肉の可能性と特徴、筋肉マッピングと骨マッピング

筋肉は便利です。

骨の長さや厚みはそう簡単に

変えられませんが、

筋肉は比較的簡単に、

筋トレしたりストレッチしてケアしていけば、

いかようにも変わります。

ボディービルダーや

モデルやダンサーは、

目的こそ違いますが、

筋肉にせっせとアプローチして、

見た目の変化や身体パフォーマンスの変化を大きく出せます。



筋肉のいいところはほかにもあって、

感覚器としての機能も持っています。

いま、どれくらい疲れているよ、

どんなポジションにいるよ、

ここら辺のフィードバックをしてくれます。

あと、故障する気配がある時には、

素早く、なんかおかしいよと違和感を出してくれます。

ただ、ここは主観的であり、

経験に基づく脳みそとの対話の傾向が強く反映されるので、

いい学習を繰り返している人には、ポジティブですが、

変な癖を持っていたり、

我慢強かったりすると、

その学習から離れられないので、

ネガティブな意味を持ちます。



筋肉は基本的に何歳でも変化していきます。

学習も何歳からでも上塗り可能だと

リハビリの経験上わかります。

ただし、ここには積極的学習をするという、

覚悟と決意が必要です。




骨は自分ではまず変化が出せません。

成人してしまえば、同じサイズですし、