筋肉の深掘り、筋構造

筋肉の話の続きで、臨床家的な視点の紹介です。

筋肉の作用が「○○関節の屈曲」とかではなく、

もっとダイナミックな視点で、

筋肉の特性について面白く考えてもらえるといいです。



筋肉の勉強の入り口では

筋肉の始まりと終わりと作用を暗記します。

臨床的に応用力、奥行きを持たせるために、

筋繊維の構成や神経の付き方を考えておくといいです。

筋肉は小さな筋細胞の単位の連なりなので、

筋肉は無限に縮むことはできませんし、

それぞれの筋単位の出力量は同じなので、

大きな緊張力を出すには、

大きな数の単位数が必要なことが必要です。

実際に一つの筋肉でも、

太ももにあるような長い筋肉たちは、

股関節の近くと、膝の近くでは

持っている作用が異なったりします。

筋肉の形状の把握も大事です。

筋単位がどの向きに並んでいるのかが、

その筋肉の縮む「量」と「方向性」を決めます。

羽状筋とか、鋸筋とか、多腹筋とかあります。

ふつうに紡錘形の上腕二頭筋のような、

骨→腱→筋腹(オリジンとアタッチを直線で結ぶものと同じ)

→腱→骨というシンプルな作りのものばかりではありません。

例えば、羽状筋は、筋単位はオリジンとアタッチの向きと違います。

斜めの角度に入って、腱が長く張っています。

https://www.google.co.jp/search?q=%E7%AD%8B%E5%BD%A2%E7%8A%B6&sxsrf=ALeKk02AreSO5QeXxYMeMh2kKHWYpkMfFg:1596431231386&tbm=isch&source=iu&ictx=1&fir=sItVivrOwi3c4M%252COgtNn6kphXVayM%252C_&vet=1&usg=AI4_-kRCcfMdMgMOYAWZHv9uGUkuijZ3jQ&sa=X&ved=2ahUKEwiSpNHjof7qAhX7w4sBHaPWBx8Q9QEwBHoECAkQHw&biw=1545&bih=852#imgrc=eqDftBUTHdqs3M




同じ膝の屈曲でも、同じ作用を持つ筋肉が

いくつもあります。

ですから、他の筋肉との力の入りやすさ、

正確には関節の角度と筋肉の位置で

どの筋肉のどの繊維が強く働くかが決まります。

足首や手首は「首」という名前の通り、

ボトルネックの形を作っているのと、

足や手はとても細かい動きをするのが仕事で、

ほぼ無意識に寝ているとき以外使うので、

筋肉を大きくすることよりも、

器用で耐久性のある事がとても重要になります。

そのうえで、筋肉のサイズアップです。

バレエのように日常的には使わない角度で足を使ったり、

サッカーのように、足でボールを操作するなど、

特殊な動きをするときには特に重要です。



次回は、膜、腹筋壁について書いてみます。






閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先