考える力について。格言「答えは患者が知っている」。


実習生や経験の浅いスタッフに、

シニアの教育者がかける言葉です。

本(教科書、文献)を読むのは当たり前、

自分で考えるのもプロとして当たり前。

しかしながら、

君は経験が無い、考え方も知らない、

だから、患者からあれこれ経験をもらいなさい、

教えてもらいなさいと言う言葉です。



医療者として、新人をやって、

歳をとってシニアもやって、

今、全く違うことをしていて、

クライエントさんに思うのは、

逆なことで、

「答えはあなたたちの身体が知っている」と

思うのです。



こちらは莫大な時間をかけて、

いろんな人の身体に関わったので、

知識として、治療者・施術者として、

簡単に言えば、「答え」を知っています。

ただ、私が関わる方に、

私は答えをあげるわけではありません。

考え方や

「以前にこういう似た症例がいた」とか

「その人はこうして良くなっていった」とか

経験を差し上げます。

それには、わけがあります。

自分で「自信をもって」「自立」させたいからです。




今の時代、

治療家ですら非常に短絡的で、

「先生、僕のであってますよね」

「僕の言ったこと、教科書に書いてあります」と、