練習だけしてたらダメですか?

更新日:2019年8月31日

先日、ふときかれた質問です。

ダンスの方から聞かれたのですが、

興味深いことを内包していると思ったので、

ブログに書こうと思います。



腰が痛いというのがきっかけで話し始めたのですが、

ケアやトレーニングをしていないというのです。

「どこにかかったらいいのでしょうか?」

こんな質問が続きました。ここから先は割愛します。



自分の調子が悪かったら、

どうするのかということではなく、

練習だけしたらいいのか?という発想に興味がわいたのです。

海外で活躍する一流ダンサーさんやアスリートは

野生動物を引き合いに出して、

だって彼らがハンティングする前に、

ストレッチや筋トレしないでしょと言います。

確かに!説得力あります。

ただ、彼らは動物園でなく、

ワイルドな世界に住んでいます。

日本人はワイルドな生活をしていません。

ですから、適度なケアとトレーニングは必要だと思うのです。

一流ダンサーさんたちは、

ワイルドでなくても、

言っても、仕事として長時間踊り、

ウォーミングアップに軽いジョギングなどしています。

ちょっぴりワイルドですよね。

だから、普通の日本人生活している人には、

ケアとトレーニングは必要だと思います。



更にもう一点気になったのが、

練習さえすればうまくなるものでしょうか?

技術の面だけを言えば、

練習は多くした方がいいでしょう。

しかし、技術だけで踊りや音楽は成立しません。

どう表現するかという、

個々の部分を