股関節を柔らかくしたかったら①

股関節を柔らかくしたいと

一般人の先日レディがいらっしゃいました。

施術して、痛みも落ち着いて、

管理もわかって一安心でしたが、

彼女の言った一言が気になったのでシェアします。

「私、初めてお尻の後ろの関節、

仙腸関節っていうの?動くの知った。」



仙腸関節は、骨盤の中の関節の一つで、

仙骨(背骨は頸椎、胸椎、腰椎、この下が仙骨)と、

腰に手を当てるっていう動作をすると触る骨、

腸骨が作っている関節です。 平面関節って言って、

ハードカバーの本2冊を重ねてあるような関節です。

動きとしてはいろんな方向に滑ってみたり、

限界まで行くと上の本が落ちるように、

傾いたりすることもします。

ただ、AKAという技術の教科書的には、

「お辞儀運動」と「反お辞儀運動」の2つしかありません。

私のせいではありません(笑)

彼らはそう習っているので、そうなんです。

そうっとしておいてあげてください。



細かい動かし方は別にどうでもいいのです。

きっちり動いてくれて、

股関節や背面との関係性を

よくしてくれることが大事です。

個体差があるので、

この動きさえできればいいというのではありません。

あくまで、目標である股関節と脊柱を柔らかく、

コントロールしやすくする動きをすればいいのです。



ここが整うと、股関節も背面もかなり楽です。

背中そらし(バレエのカンブレ)でも、

体位前屈でも、開脚でも、なんでもです。



以前にトレーナーしていたお教室の子供たちは、

自分で動かせるようになってくれたので、

子供たちでも教えれば自分で動かせます。

動かし方は、youtubeでもなんでも引いてください。

出てきますから(笑)

解剖学を習うなら、

ここまで教えてもらってきてください。

あくまでも「実践」で役立つことが大事です;)

つまり、解剖そのものよりも、

動き方を習う、「運動学」を習うことが大事です。



#イワシ整体Lab #股関節 #柔軟 #仙腸関節 #関節モビライゼーション #解剖学より運動学 #股関節を柔らかくする





閲覧数:125回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先