股関節を柔らかくしたかったら②

足部を攻めましょう。

理屈は簡単です、

彼らは「呼応の関係」にあるからです。

膝が屈伸しかしないのに対して、

股関節と足部はぶん回し運動が可能。

どんなでこぼこ道を歩こうとも、

足部が柔軟に対応し、

膝は屈伸して膝を後ろから前に送り出し、

股関節が足部の微妙なぐらつきに対して、

反作用的に力を入れて補正してくれる。

これは普段歩いている人だと起こる現象。

長い間車いすになれて、

歩く量が減った人にはあまり見られにくい。

というわけで、

脳がリンクさせて学習をさせていると思われる。



バレエだとターンアウトをリクエストされることが多い。

ターンアウトさて行きたかったら、

足部を外反に持っていく。

どこの関節から???

いい質問です。これは個体差がある。

体幹の強さに合わせて私は選択しているけど、

まぁ、どのラインが欲しいのかというのさえ、

しっかり、施術側も受ける側も理解できていれば、

全く持ってオッケ。

足首は自分で手が届くので、

子供たちには自分でやるように言ってきたら、

やれる子はやっぱりやれる。

さて、小指側の小指外転筋をアクティブにしておいて、

そこから下肢全体のラインづくりを始める。

ひねって、、ひねって、、、ひねって、

伸ばすとこ伸ばして、、伸ばして、、、、伸ばす。

そうすると、股関節をいじらなくても、

ターンアウトはかなり稼げる。



ただし、これは日々ストレッチをしている人だけ。

一般人にこれをやっても、可動域は稼げるものの、

バレエの子供たちの様には稼げない。