背中を長く、広く使うfromアレクサンダーテクニック

更新日:2020年7月26日


「背中を長く、広く使う」というのがあります。

これを改めまして?背中の骨たちを見ながら、

復習してみたいと思います。

背中の有効活用の参考になります。




復習です、

アレクサンダーお爺さんは医療者でなく、

シェイクスピアの朗読家、俳優さんです。

練習をすると喉がかれてしまうことをきっかけに、

どうしたら、練習を続けても故障しないのかということを

姿勢というところから考え抜いたお爺さんです。

練習中のポイントとして彼があげているのは、

①首を楽にして

②頭が少し前で上、

③背中を長くして、

④そして、背中を広くする

以上です。



「首を楽にして、頭が少し前で上」

ここが一応アレクサンダーテクニックの本質なのですが、

ここはいつかまた、、。

背骨を長く広くすることを今回は取り上げます。

背中を構成するのは、、

  頭蓋骨、

  脊柱(頸椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨)

  骨盤、

  肋骨。

  肩甲骨。

骨そのものはサイズが変わらないので、

それぞれの骨をどこにもっていくか、

アライメントと呼ぶのですが、

どういう「配置」にするといいのか考えます。



まず、縦に長くするには、