自分の手癖、踊り癖

私は踊らないし演奏しないので、

かなり容赦


なく、

その人の身体能力として、

できないこと、避けていること、

ぼきゃぷラリーがないこと、

無視していること、

意図的に避けていることなど、

いろんな事象として現れないことに

目が行きます。

「一流」さんたちにももちろん

「できない」「やらない」ことはあるのですが、

彼らには理由があるので、それは失礼のないように確認して、

その上で、放置していくことが多いです。


問題は、発展途上の方です。

自分が「できてない」という現象には

こちらが声をかければ気が付きますが、

「どうしたらいいの?」「どうやったらできる?」

「え?気にしたことなかった、そう見えるの?」

とお試し精神豊富な方は、

いっしょにワークしていて楽しいです!


手癖、踊り癖は基本的に無意識?もっと言うと、

「何も考えてない時」に出現します。

「アートじゃない!」って心の中で突っ込みます。

そういうわけで、修正します。

もしくは提案します。

耳や鏡越しにそれでフレージングが完成しているので、

ご本人は意識に上がりません。

特に身体的に手癖や踊り癖に支配されやすい人は、

基本的に「一辺倒」になります。

それしか身体性が許さない、

他ができない証でもあります。



具体的な施術はいろいろあるのですが、

アプローチ方法としては、

その関節の意味を問い直すことが多いです。

ご自身が考える、演奏者・演者としての責任を問い直してもらう