解剖学や運動学を自分で学ぶと?

更新日:2020年7月4日

TwitterやSNSだけでなく、

リアルにでも、会ったことがある、

解剖学を学びましたと言う人々が、

実はスゴイ、迷子?盲目??なんです。

ご自身の世界を作り上げて、

ある種、「宗教化」しているので、

信者さんには意味が通じます。

さすが「信者」さんです。

ただ、そうでない人からすると、

ある意味滑稽?疑問?に見えてしまいます。



解剖学や運動学を学んでいる

理学療法士の私は、

「ああ、こんなことをいいたいんだな」

「ああ、これ勘違いしているけど、こうしたいんだな」と思います。


究極のリアリズムの信者、オペの得意な整形外科医たちには

「は??????」

「何を言っているんだ??」というでしょう。

病院でウッカリそんな話になれば、

「彼らは話すこと(価値)もないよね」と無視が始まります。

運がいい場合には、時間がある場合には、

矛盾点を指摘されまくり、論破されます。

整形外科医たちと音楽家やダンサーが通じ合えないのは

こんな感じです。

これが、オペ得意な整形外科医たちの現実です。

彼らは「大工」ですので。

「そう思います、感じます」なんて無意味で、

構造的にどうしてか答えてみろ、考えてみろと言われます。

ジストニアを直せるよという記事も拝見して、

興味深く読むんですが、医者との理解の乖離が激しいので、

分かり合えないと思っています。

医者に歩み寄ってっていうのは、、、難しいです。

超高齢化社会に対応して医者が医大で養成されていくので、

そこは許してください。