足部を丁寧に作る意義

更新日:2019年8月26日

バレエに限ったことではなく、一般リハビリでもそうですが、

足部や鎖骨はキースポットです。

私の大好きな山嵜先生という

神様のような理学療法士も似たようなことを言っているそうです。

ちょっと自慢です。


今回はなぜ、足部を丁寧に作るかということです。

まず、足部は体のバランスをとる一番敏感な部分です。

(股関節と膝と比較した場合、頸部や頭部は除きます)。

つまり、地震にバランスを例えると、

震度1弱程度のバランスの変化でも

感じ取り、それに対して対応するというわけです。

股関節や膝は震度2や3にならないと反応し始めません。

そこで、震度1弱の変化に対応できるつくりになっているということです。

それくらい繊細に作られています。

指を足指にくませて、足首をぐるぐる回す

ウォーミングアップを見たことがあります。

ある先生は足首は回すものでないと

解剖の先生から習ったと言っていました。


残念なことに、足首は手首同様に多くの骨が集まって、

関節構成をしているため、

微細な動きを微細にコントロールする、

そういう機能を持っているのです。

ですので、漠然とぐるぐるまわすだけでは、、、

ちょっと手入れとしては足りない、、、。

まわすものではなくはない、、回るんです、、。

回るからこそ捻挫させないようにしてくれているんです。



そんな素敵な働き物なのが足首なのです。

日々の手入れのおすすめはいくつかありますが、

私は踊りません。

プロのダンサーのアップの様子をじっくり観察してました。

ワールドバレイデーなどでクラス前のアップなどもチラ見できます。

是非ぜひ調べてみてください。

きっと今以上にきれいで強く、

体のバランスを取らせてくれる、

そんな足首ができてくると思うのです。



#イワシ整体Lab #バレエ #dance #Anklejoint #care #warmingup #beautyfulshape #balanceup #finemechinism



閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先