身体が楽器の一部となれるか否か。

一般常識でいうと、楽器は体ではありません。

楽器は、体に接続されるもの、道具です。

私にとっては、体も楽器の一部なんです。

いい音を出すために必要な「パーツ」なんです。

だから、楽器同様に手入れをしてほしいし、

どういう風に扱えばいいのか

演奏家には知ってほしいです。



クイズです、「道具は体の一部になりうるか?」。

リハビリ業界ではイエスです。

義足や義手を上手に使いこなす人、

彼らは義手や義足を自分の体の一部だと、

脳みそが認識しています。

無意識で操作可能です。

何かに触れている、体重がかかっていると、

彼らは意識を配らずともそれが分かります。

ちょっと動けばどんな素材に触っている、

体重をどれくらいかけているかもわかります。



音楽演奏家はこれができますか?



ちなみに前回登場のエルダンは最初ダメでした。

ダメではないけど、イマイチでした。

身体の調整をしてもピアノを実際に弾いてみるまで、

どんな音が出せるかわからなかったです。



体の一部に認識できるレベルの人だと、

いちいち楽器に触らなくても、

普段から毎日触っている自分の楽器なら、

こういう音が出せそうだとわかります。

それが出したことがない音でも、

こうなりそうだと見当がつきます。

自分の脳みそとその楽器がつながっているので、

フィードフォアード機構で、

予測ができてしまうんです。



はっきりわかるのは、ボーカルの皆さんです。

彼らは呼吸器が、もしくは

「体が楽器」とだれでも習っているように、

楽器を内蔵しているタイプなので「認識」できています。

(コントロールできるかはその人次第ですが。)

ですから、体をチューニングしている時点で、

ほぼほぼ、自分が出せるであろう音が分かります。



こういう人は、どんな音が欲しいとか、

何かがおかしいというときに、

自分の身体を普段から道具のように

ある意味客観的に扱ってくれているので、

「最近、こういう傾向があって、

音がうまく出ないんだけど。」と言えます。



比較して、こういう感覚がない人は、

「なぜかわからないが、音がうまく出せない。」と言います。



私とワークしていく中で、

私が身体のチューニングは当然しますが、

脳みそのチューニングを皆さん自身がしてくれると、

ますますうまくなります。

脳みそと体のつながりをしっかり感じれるようになると、

こちらのワークもよりスムーズです。





閲覧数:199回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先