身体を変えれば音が変わる

更新日:2019年8月31日

私にとっては当たり前になっていて、

全く話していなかったのですが、

しばらく、話してみようかと思います。


アレクサンダーテクニックで有名な

おばあ様がいました。

特別な手をもつということで、有名です。

アレクサンダーさんの姪っ子さんです。

彼女がバイオリニストとワークする様子を

youtube であるので、あげてみます。 https://www.youtube.com/watch?v=-0-jzcIvRrc&t=2s 日本の先生もいますので、ググってみてください。

だいたいご自身が経験している楽器を専門・中心に、

指導していると思います。


単純な話なんですが、

力むと音がわるいというか、力んだなりの音が出るんです。

力んだ分の動きの硬さも出るので、スピードも落ちます。

俊敏な動きをしないといけない楽器演奏者には不利です。

だから、ある程度のリラックスが必要なんです。

それをガイドしてくれるのがアレクサンダーテクニックです。

力を抜いてごらんというだけでなく、

どうしたらいいかを紹介してくれます。


いろんな先生がいて、それぞれ得意楽器があります。

自分と同じ楽器を演奏する先生に

合ってみるといいでしょう。

身体を変えることで選択肢が広がるということを、

実感させてくれると思います。


英語で表現する・体現するのをenbodyと言います。

面白い事言うなとおもうのです。

身体のbodyを動詞にさせるenをくっつけます。

貴方が表現体現することはあなたの身体からくるんです。

音楽でもお芝居でもダンスでもです。

ケアやメンテナンスは大事にしてください。


#イワシ整体Lab #アレクサンダーテクニック #音楽整体 #体を変える #enbody