身体を変えれば音が変わる

更新日:2019年8月31日

私にとっては当たり前になっていて、

全く話していなかったのですが、

しばらく、話してみようかと思います。


アレクサンダーテクニックで有名な

おばあ様がいました。

特別な手をもつということで、有名です。

アレクサンダーさんの姪っ子さんです。

彼女がバイオリニストとワークする様子を

youtube であるので、あげてみます。 https://www.youtube.com/watch?v=-0-jzcIvRrc&t=2s 日本の先生もいますので、ググってみてください。

だいたいご自身が経験している楽器を専門・中心に、

指導していると思います。


単純な話なんですが、

力むと音がわるいというか、力んだなりの音が出るんです。

力んだ分の動きの硬さも出るので、スピードも落ちます。

俊敏な動きをしないといけない楽器演奏者には不利です。

だから、ある程度のリラックスが必要なんです。

それをガイドしてくれるのがアレクサンダーテクニックです。

力を抜いてごらんというだけでなく、

どうしたらいいかを紹介してくれます。


いろんな先生がいて、それぞれ得意楽器があります。

自分と同じ楽器を演奏する先生に

合ってみるといいでしょう。

身体を変えることで選択肢が広がるということを、

実感させてくれると思います。


英語で表現する・体現するのをenbodyと言います。

面白い事言うなとおもうのです。

身体のbodyを動詞にさせるenをくっつけます。

貴方が表現体現することはあなたの身体からくるんです。

音楽でもお芝居でもダンスでもです。

ケアやメンテナンスは大事にしてください。


#イワシ整体Lab #アレクサンダーテクニック #音楽整体 #体を変える #enbody #表現すること









閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先