運動学入門に際して学んでほしいもの「MMT」

関節可動域(通称ROM、range of motion)は

なんとなくわかる方もいるのですが、

MMTを知っていらっしゃる方は少ないので、

少し頑張ってください。

MMTはmanual muscle test、徒手筋力テストの略です。

徒手で特に道具を使わずに、筋力を測るテストです。

これは、筋肉の強弱を表現します。

筋力が十分に強いのか、強化の必要があるのか判断したり、

どの筋肉がトラブルメーカーなのか、

はっきりさせるためにも、知っておくと便利です。

何より、筋肉を暗記する助けになります。

そういうわけで、入門として把握しておいてほしいのです。


MMTは0~5までの6段階評価です。

0は筋肉に力が入らない状態、神経麻痺の人に見られます。

1は筋肉が収縮するが、関節運動は起こせない状態です。

2は筋肉が収縮し、関節運動がわずかに可能。

3は筋肉が収縮し、関節運動が重力に抗して動かせる状態。

4は筋肉が収縮し、軽度の抵抗に抗して関節運動が起こせる。

5は筋肉が収縮し、十分な抵抗に抗して関節運動が起こせる。

神経麻痺がない状態で、012を見ることは少ないです。

3は時々一般人でも見かけます。

私は肘の進展筋力が3~4で、「激弱」です。

一般人はおおよそほとんど4か5だと思います。


具体的な方法論としては、

ROMの時に覚えてもらった関節運動ごとに

筋力をチェックしていきます。

臨床家としては、筋肉ごとに取れるようになりますが、

入門編としては、あくまで筋肉を覚えるきっかけ、

そして、代償運動trick movementを見破ることが、

実際の運動学の理解を深めてくれるので、

たんぱくに見えても、最初はそれだけで十分です。

ある専門学校の動画を付けます。

https://www.youtube.com/watch?v=aRnu72adZCU

肩関節屈曲を例にとると、

肩の屈曲に作用する筋肉は、

三角巾前部繊維、二頭筋長頭が主動作筋です。

補助筋は、、、ビデオでは棘上と言ってますが、違います。

ポイントは筋肉の触診の位置、

どんな代償運動があるのかを頭の中で整理することです。



簡単に書いていますが、

養成校でこのMMTを習う実習だけで結構な時間を使いました。

2時間のクラスが9回くらい(2カ月くらい)あります。

かなりの量を暗記しますが、

頭の中で整理されるととてもすっきりと覚えられます。







閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先