運動学入門を深める知識「関節可動域」

運動学入門の教科書を見ながら、

一緒に学んでおいた方がいい知識があります。

「関節可動域」です。

これは日本整形外科学会がまとめてくれているので、

本を買う必要はありません。

ググれば出てきます。

各関節の運動方向を整理して、

一般的な可動域を紹介しています。

あくまで、「参考」「一般標準」可動域として把握してください。



例えば、股関節だと、

屈曲:膝を曲げて膝を胸に近づける動作、125度

伸展:膝を曲げたまま膝を後ろに下げる動作、15度

内転:膝を伸ばしたまま、足を反対足の方へ寄せる、乗り越える動作、20度

外転:膝を伸ばしたまま、足を外側に開く動作:40度

内旋:股関節90度、膝屈曲90度で、内また様に足を外へひねる動作、45度

外旋:股関節屈曲90度で、膝関節90度屈曲、胡坐をかくように膝を外へひねる動作、45度

こんな感じです。

股関節は球関節なので、

「ぶん回し」運動が可能ですから、

実際の動作理解にはぶん回しを

理解したうえでの動作描写ができることが目標到達点です。



よく間違えてしまうのが、

回内外。90度ずつしかありません。

足首は背屈20度と底屈45度です。

軸の位置を間違えると、90度以上で表現する人がいます。

同じような理由で、手首の底背屈も注意です。

私は、肘屈曲、股関節屈曲、膝屈曲の角度が

紛らわしくて、時々間違えます。



なぜ関節可動域を整理してほしいのかというと、

まず、運動を表現するための共通言語だからです。

また、運動学を深く知っていくには、

この表現なくして語れないからです。

逆に使いこなせないと、