音楽やダンスをやらないわけ(2)

こんなことを言うのはなかなか気が引けるのですが、

かなり頑張る人たちの中で

「身体」について勉強してましたが、

同時に教授法についても

興味深く観察していました。

どんなタイミングで、なんて指導するのか、

ということを分析しながら、

教授やマスターや元プリンシパルたちの、

思考回路を読みだして、

本質・エッセンスを知ろうとしていました。



そこを間違える人(教師)に会うと、

すぐでなくても後々、身体を壊したり、

行く方向が分からなく迷子になったり、

困ったことになるのを見てきています。

そうならないように工夫している先生たちを

選んで見学してきているので、

ちょっと普通にバレエや楽器でも習ったりするのは、

正直故障しそうで怖いです。


今回の本題はここからで、

一番の理由は、

習うことで先入観が強くなるのが怖いです。

自分が何かを習い、

その経験から得られる事もありますが、

同時に「失う客観性」があると思っています。

自分の経験をシェアするという、

治療家としてあんまり意味のない、

客観性が乏しい行為をしたくないのです。

筋肉の長さや筋緊張は本当に人それぞれで、

同じ動作をしているはずなんですが、

違う筋肉を使っているのはよくあることで、

自分の身体で何かがうまくいったからと言って、

他の人の身体ではうまく行くとは限らないんです。

全くコンディションが同じということは、

まずまずないのです。



ですから、その道で長い経験をしている先生方は、

経験から、そのことを見極めて指示をくれます。

現役と教師としての才能がある場合ですね。

ただ、私は現役・教師経験ゼロの治療者なので、

ここから、アマチュア歴を数年かせいでみても、

あまり、うまみがありません。

それなら、治療者プロ歴を伸ばしていった方が、

ポジティブです。



チェロと遊んでいることは以前報告しましたが、

これはあくまで遊びなのと、

身体と脳の関係性を音を経由する、

ダンサーや私にはない、

脳の機能を知りたかったのです。

こればっかりは、

論文で追いかけてもたいして出てこないので、

体験してみるか、

プロたちにインタビューするのがいいだろうと思っています。

ただ、たいていプロたちは、

普段全く興味のない脳科学のことを質問されるので、

質問の意図を理解するのに苦労するのです。

というわけで、できる場合が限られています。苦笑



こんなわけで、施術に興味があっても、

プロの音楽家やダンサーや

その教育機関で勉強してきた経緯と、

治療家としての客観性を優先して保つために、

私個人として、ダンスや音楽をやりません。

多分、今後もほとんど。



追伸。

もしやるとすると、格闘技のどれかか、

弓道・剣道・柔道とか、「道」ものかなと。

お芝居の要素が入るものも面白しろそう。

マイムとかもいいかもです!!

きつそうだけど(笑)

#イワシ整体Lab #音楽家専門整体 #ダンサー専門整体 #バレエ #コンテンポラリー #ピアノ #弦楽器 #打楽器 #私が音楽やダンスをやらないわけ #私の経験は転移させれない #感覚系は甘くない #脳科学も甘くない #客観的にあえて第三者でいたい












閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先