音楽演奏家の身体との向き合い方

ブログ2回目は音楽演奏家向けに、

同じアーティストでもダンサーと比較して、

正直に感じていることをお伝えします。



ダンサーは「ケア」「コンディショニング」を

したほうがいいと教育されています。

ウォーミングアップもクールダウンもしますし、

ストレッチや筋トレ、食事や生活への配慮もします。

新しい練習・ケアの道具・方法にも興味があり、

いかに「心身ともに」健康でいることが

大事だと教育されるので知っています。



では、音楽家はどうでしょうか?

演奏の仕方を習うけど、

心身健康に保つ教育は受けていないようです。

楽器の「音」にはとても興味を持ちますが、

自分への興味がない方が多いのです。

音楽家の皆さんは、

身体の使い方を工夫すれば、

楽器やご自身からいい音が出ることは経験的にご存知です。

とくに声楽の方は自身が楽器である以上、

よくわかってくれると思います。

ただ、それを習ってはいますが、

丁寧に実践されていないように感じます。



アレクダンダーテクニックのボディマッピングが

音楽演奏家にある程度の効果があるのは、

それが足りてないからです。



どんなトレーニング、練習、体の使い方が

いい音を出すのか、

演奏ができないときはそれを必死に探しますが、

あるレベルに達すると、

そこからは「音探し」をすることをやめてしまうきがします。

自分の持っているカードだけで

演奏を完成させようとしていると感じます。



バレエの子が面白いことを言っていました。

小学生は楽しければいい、動ければいい、

中学生は技術があればいい、

高校生は表現ができればいい、


私はきっと、バレエの子が言うところの

「中学生」と「高校生」の役に立てると思います。

そういう音探しに興味がある方の

助けになれると思います。

身体を変える事が怖くなく、

もっと冒険できる、挑戦できる方は

ぜひ会いに来てください。


#イワシ整体Lab #音楽演奏家 #音探し #整体 #アレクサンダーテクニーク #体の使い方










閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先