頭の中で聞こえる音

更新日:2019年7月7日

このフレーズはアレクサンダーテクニークスクールの

同級生で、ピアニストで、

子供時代は神童扱いだったらしい子(青年?)がよく言っていた。

彼は大学を当然2年もスキップして、

30歳になる前で大学教授になっちゃうかもっていわれた。

名前はエルダン。ちなみに同い年。

このエルダンからよく言われた言葉は、

語学力に問題があり、ピアノを弾かない、

私を悩ませた言葉だった。


早い話が、楽譜を読めば、

新聞を読むように、文字が、音符が、脳に認識されるってことでしょ。

最初はこれくらいにしか理解できなかった。

(私自身は楽譜を読むのに指を折る必要があるレベルの為。)


彼の弾く音は、まぁ、きれいで、透き通っているのが特徴。

「僕は初見での演奏が結構得意。」

「フレージングはお話を子供に読んであげるのと同じだよ。」

「どこで一息ついて、どんな抑揚で読むとか、、(省略)」

「キラキラ、スパークルするような音が好きなんだ。」

(この発言は、そういう音を鳴らせる

体に設定してくれという意味)とか、

エルダンはせっせと彼の脳内での出来事や、

どんな種類の音が欲しいと言ってきてくれるので、

エルダン自身が演奏で聴かせたい音や世界観が、

すでに頭の中で鳴り響いていて、

エルダンが今出せる音とは、

そこにはっきりギャップを感じていたようだった。



エルダンとワークをしていて楽しいのは、

要望をどんどん出してきてくれることだ。

自分がもっと上に行きたい、

頭の中で聞こえる音に近づきたいと。

「自分が出せる音」だけで、曲を弾こうとしないのだ。

「脳内で聞こえる理想の音」で、曲を弾こうとする。

音痴なスマップの仲居君が

自分自身ではうまく歌えないけど、

人が間違えると違うって気が付くのと同じような感じで、