骨格って何のこと?

バレエの方とお話をしていて、

医療者と違う言葉の使い方に出会います。

その一つが「骨格」。

もっとわかりやすいのが、「アキレス腱が短い」。



骨格に話を戻します。

ターンアウトの関係で骨格の話が出てきます。

臼蓋が浅いとか、内向きだとか、

先生方ごとにいろいろな表現です。

医療系の私たちからすると、

レントゲンを撮ったのかな?

3D-CTで確認したのかな?

という判断です。

私たちが病的異常と認める条件を満たせば、

私たちも、骨格による限界を認めます。

しかし、先生方が話しているのは、

これとは違う「骨格」なのです。

そして、それが治らないかのように言うのです。


医療者だった私の言いたいことは、

骨格が画像上に本当に異常であったり、

平均値を超えてしまっていれば、

ある程度の「不利」になります。

ただ、バレエの先生方がおっしゃる骨格は、

身体の使い方に由来する、

筋骨格系の特徴を、

「骨格がおかしい」と表現され、

直らないものと思い込んでいらっしゃる節があります。

身体の使い方を変えたら、

変わるチャンスはあるものが含まれています。



どうか、「骨格が、、、」と思ったら、言われたら、

それは治らないのか、

自分の体の使い方を変えれば何とかなるのか、

そういう考え方の選択肢があることを知ってほしいのです。

バレエをやっていて、

足が150度くらい上がるなら、

医療系としては、

何が「関節(骨格)」の問題なの?って思います。



実際に、「骨格」で限界を感じているなら、

ぜひ会いましょう。

本当に骨格(医療者の言う関節の問題)か、

見極めましょう。

きっとターンアウトが苦手だったり、

肩甲骨の使い方が苦手だったりするだけです。


#イワシ整体Lab #骨格 #ターンアウト #肩甲骨 #異常 #正常 #根拠 #改善の可能性 #体の使い方




閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先