骨格って何のこと?

バレエの方とお話をしていて、

医療者と違う言葉の使い方に出会います。

その一つが「骨格」。

もっとわかりやすいのが、「アキレス腱が短い」。



骨格に話を戻します。

ターンアウトの関係で骨格の話が出てきます。

臼蓋が浅いとか、内向きだとか、

先生方ごとにいろいろな表現です。

医療系の私たちからすると、

レントゲンを撮ったのかな?

3D-CTで確認したのかな?

という判断です。

私たちが病的異常と認める条件を満たせば、

私たちも、骨格による限界を認めます。

しかし、先生方が話しているのは、

これとは違う「骨格」なのです。

そして、それが治らないかのように言うのです。


医療者だった私の言いたいことは、

骨格が画像上に本当に異常であったり、

平均値を超えてしまっていれば、

ある程度の「不利」になります。

ただ、バレエの先生方がおっしゃる骨格は、

身体の使い方に由来する、

筋骨格系の特徴を、

「骨格がおかしい」と表現され、

直らないものと思い込んでいらっしゃる節があります。

身体の使い方を変えたら、

変わるチャンスはあるものが含まれています。



どうか、「骨格が、、、」と思ったら、言われたら、

それは治らないのか、

自分の体の使い方を変えれば何とかなるのか、

そういう考え方の選択肢があることを知ってほしいのです。

バレエをやっていて、

足が150度くらい上がるなら、

医療系としては、

何が「関節(骨格)」の問題なの?って思います。