30個以上の骨と多数の筋肉を持つ「背中」の可能性

体幹は小さな骨がいっぱい連なってできています。

背骨だけで、頸椎・胸椎・腰椎・仙椎・尾骨、

骨盤の腸骨なども追加され、

更に肋骨や、

両腕をぶら下げる鎖骨・肩甲骨もあります。



猫たちを見てもらえばいいですが、

背骨は丸くなったり、

身体をながーーーく伸ばしていたり、

いろんなポーズが取れます。

つまり、それくらい、

小さいパーツがバラバラに動くということです。

それを支える、動かす筋肉もいっぱいついています。

体重を支えるので、太い筋肉も、

腱膜という硬いサランラップのものもあります。

動かないと思われがちな

胸椎や肋骨は先日話したように、動きます。



さて、ここでクイズです。

一時間ピアノを弾いていて、

指が疲れる、、わかると思います。

一時間バイオリンを弾いていて、

腕が疲れる、、わかると思います。

一時間バレエを踊って、

足が疲れる、、わかると思います。

一時間椅子に座っていて、友達とお茶をしていて

体幹が疲れる、、、「わからない」ですよね。

ピアノやバイオリン、バレエをしていても、

体幹が疲れるって気が付くこと、

まずないですよね。

それくらい、強靭に作ってあります。

体幹は全身の中心だからです。

それくらい固定性を出せるように、

強いのです。

(腰痛の方は別ですが。)