治療者基礎講習会の感想を載せました。

先月に治療者向け基礎勉強会をしました。

彼らは、京都にいる治療家さんたちで、

基礎編6コマ全部取ると決めていて、

先日上半身の脊柱まで

3コマ(6時間)まとめてやりました。

次回・後半で骨盤以下の足首や

下肢アライメントをまとめて学びます。

現在は事前うちあわせで、

各部位でトピックを選んでいる最中です。



コメントに載っているのはこの内容です。 1:肩甲骨・上腕→肩関節センタリング

2:頸部→TOS(胸郭出口症候群)

3:脊柱腰部まで→関節固定術通じて腰部治療の意義を考える

ここからが、相談中の内容です。 4:腰椎、骨盤、股関節、

5:足部

6:下肢のアライメント(膝)

勉強会の前には現状問題点、学びたい場所を整理します。

私は恐る恐る4番は、

「何が分からないかわからないってことないですよね?」 そうすると、OMG(オーマイガー)。 予想は当たったようです。

そういわれると、そうだというのです。

でも彼らからの子の返事に、

私は前半での進歩を感じました。



真面目で教科書ベースで

学んでいる人は良くあることですが、

テストに受かるように、〇✖ゲームや、

一問一答方式にはめっぽう強いのですが、

「説明しろ」問題が結構弱いんです。

私のクラスはここばかり集中的にやるので、

頭がひねくり回され、山火事が起こります。