MMTを学ぶメリット

バレエや音楽のために、解剖学を学び、

解剖学とROMを知っている方にはよく会います。

その続きの運動学やMMTは

ワンランク上の知識体系を作る基礎をくれます。

繰り返しになりますが、

MMTそのものは暗記する過程が多いのは事実ですが、

逆に知識を整理するチャンスなのです。

理学療法士として研鑽を積むと、

MMTをより細かく理解することで、

きめ細やかな評価から、

きめ細かな治療プランを作ることできます。

そういう意味で、ブラッシュアップの機会になります。



筋肉の作用や位置を覚えること、

主動作筋と補助筋を分けて知ること、

運動連結も理解することができますが、

慣れてくると、ROMへの応用になります。

例えば、股関節屈筋は

股関節伸展の制限原因になりえます。

大腿直筋は股関節伸展の制限因子ですよね。

手の屈筋は伸展動作における制限因子になりえます。

さらに「動作の分離」

どの筋肉がどの作用をしているか細かく判断していくことを

代償動作の勉強をしながら整理していけます。



もっと深堀りしていけば、

肩や股関節のインナーマッスルとアウターマッスルの見極め、

体幹固定性と末梢(四肢・手足のこと)の運動性の関係など、

基礎運動学総論の内容をMMTを通じて、

リアルに人体で理解することができます。

そしてそれがきっと、

解剖学を学び始めた本当の理由に応えてくれることだと思います。






閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、いろんな「秋」。 過ごしやすい季節の秋にかこつけて、 いろんなことに挑戦してもらうのが 「秋」の役目だと常々思っています。 ちょっと、行ってみたいところが最近あり、 その話をしたいと思います。 私はさほど旅行に興味がなく、 写真見て、満足できるタイプの人種だと思っていました。 東京に出てきてから、 大小問わずクラシック音楽や、美術館に行く機会が増えましたが、 まぁ、そ

単純にご案内です。 一時に比較して、コロナの方も穏やかになりましたので、 オンラインでの初回セッションを限定的にさせて頂きます。 既存の遠方・海外組は今まで通りで構いません。 ひとつ前の記事で アレクサンダーのセッションでお申し込みをいただいても、 私がダンサーさんや音楽家さんを対象とするため、 それ以外の場合には他の先生を探してもらう、ご案内すると書きました。 オンラインはいろんな先生にアクセス

お問い合わせの時に必ずご案内する内容があり、 「お互いに」ちょっと楽をしようと、 近々ホームページに書き足すのですが、 先にこちらでご案内です。 予約をされる前に目を通していただくと幸いです。 アレクサンダーテクニックに対して、 魔法使い的「幻想」を抱かれている方に遭遇した経験から、 申込の段階でアレクサンダーのレッスンの 目的の明確化をお願いしています。 「なんとなく」や「概論」は 私ではない先