解剖学に加えて運動学を

ダンサーでも音楽家でも

障害予防、ケガからの復帰、

よりよい演奏のためにと解剖学を学ぶという方がいます。

解剖学を学ぶことに異存はないのですが、

より良い演奏のためには、

下地として解剖学が必要ですが、

運動学という運動するための学問が必要だと思っています。



解剖学は人体を解剖することで分かることの学問。

骨(コツと読みます)、筋肉、脳、心臓、肺、腎臓、肝臓などなど。

骨と筋肉を解剖学で学ぶというのは、

運動学でも行いますが、

解剖学で習う骨と筋肉とは、

あくまで名前と位置を覚える範囲です。

上腕骨は腕の骨で、、、

距骨は足首の骨で、、、

舟状骨は手首の骨で、、、、

上腕二頭筋は腕の前面の筋肉で、、、

上腕三頭筋は腕の後面の筋肉で、、、

ハムストリングスは太ももの裏の筋肉で、、、

下腿三頭筋はふくらはぎの筋肉で、、、。

あくまで、骨と筋肉の「位置」を紐づけます。



ちょっと難易度が上ってくると、

以下のような質問に答えられます。

「肩甲骨烏口突起に付く筋肉は?」

・烏口腕筋

・上腕二頭筋長頭

・小胸筋


「ローテーターカフって何?どこ?」

・棘上筋

・棘下筋

・大円筋

・小円筋

以上4筋で肩関節の安定性に寄与するインナーマッスル


こんな感じが解剖学。