top of page
Image by ALEXANDRE DINAUT

プリンシパルで40代まで活躍し引退した方々や

ローザンヌなどに入賞し

カンパニーユースからプリンシパルに上がっていった方

身体能力は高くても苦労していたダンサーさんなど

カナダ留学中と帰国後にたくさんご縁がありました。

プロになるための道筋、故障する前の予防教育対応、

​受傷後のリハビリとカバーなど

「スタジオに入り浸っていた」

​スポーツ整形経験のある理学療法士の視点から

スキルアップをサポートします。

BALLET

​よくあるご質問&悩み

Image by jim hatch

​ターンアウトも体幹も弱くて、、、、

プロ初期まで注意される定番「ターンアウト」「体幹が弱い」「身体が硬い」「腕が硬い」は長く向き合っていく課題です。 今すぐ治ることはないので、どこを目標にどう取り組んでいくかを考えて、継続的に取り組んで下さい。

​コンクールで入賞していませんが、、、

現状、コンクールに入賞していなくても、もっと成長したいという本人の意志があれば受け入れています。 特に小学生はご近所の先生のところに通う子どもたちが多く、入賞する条件が整わないことも多いので遠慮なくお問い合わせ下さい。

​ポワントは早くから履けませんか?

足の変形のリスクを加味してガイドラインのポワント開始は11歳以降です。 個人的には適正があるなら不可能ではないと思いますが、小学校低学年で優先すべきポワントよりも体力づくりや基礎力だと思います。

​コンクールはたくさん出るべきですか?

師事している先生の方針次第です。心配なら一度先生と相談してみて下さい。 私個人的には参加の回数よりも、一年一年、何を体験し学んでくるのかに興味を持っています。

​留学はいつまでに決めますか?

義務教育の間の15歳未満に長期留学する子もいれば、短期留学を何度もしており意図的に18歳頃まで国内にいる子どもたちもいます。 年齢が若い時のほうが受かりやすいとも言われますが、進級し続けれない場合には転校・帰国することになるので、ご家族や先生が情報収集と本人の適性をみてご判断いただく印象です。

​魅力的な先生たち

いい先生の条件は様々、目標やお子さんの人柄の相性があります。

また逆に先生から見た子どもたちとの相性があります。

先生方にとっても悩みのタネでもあります。

子どもと同様に先生方の魅力を引き出せるか、

​その魅力が子供にあっているのかをチェックしてください。

お子さんの人柄、目標、家族としてのサポート体制など

色んな要素で先生を選んでください。

​幼少期、小学校低学年

規律を重んじるよりも

リズム感や人間性を見てくれる環境が私は好きです。

小さい子どもたちを

お姉さんたちが笑顔で面倒を見てくれている様子は

とてもいい文化だと思います。

集団の中で信頼できる、助けてくれる人や環境を

沢山提供してくれる先生は長い目で見て魅力的です。

​秀才タイプ

ある程度形にハマった教育を好む先生の元では

「先生の正解」を「教えてもらう」ことになります。

要領よくコンクールでもある程度、通用します。

バレエを習い事としてやるには、

​このタイプの先生がおすすめです。

逆に、留学はできてもプロとしては難しく、

バレエからの卒業にも本人が諦めが効かなくなる印象です。

​多彩な才能を育てるタイプ

プロ経験者で多彩な才能を目の当たりにしている先生は

形を教えるよりもそれぞれの特徴を伸ばします。

生徒の特性次第では成長がわかりにくいかもしれませんが、

アートの素養が育つので、

一度ご縁がありプロになると、

​長く成長していく特徴があります。

留学やプロを目指すなら
知っておいてほしいこと​
ー芸術監督や校長先生の視点ー

フラワーアレンジメント

責任ある芸術監督や留学先校長先生たちは

決まった予算や環境でより良い組み合わせの

「花束」「作品」を作ろうとします。

その花の一本として選ばれるか意識してみてください。

「子供時代」の「身体能力」だけを彼らは華を選びません。

コンクールでいくら入賞し・留学しても

​プロとして選ばれない子どもたちもいます。

​子どもたちのページのドキュメンタリーを御覧ください。

​身体能力

「体力」の余裕と

機能的​身体操作能力

​(ミュージカリティ含む)

​振付作品理解

クラシック・コンテとも

​振付家など作成者たちの

意図を汲む能力

​環境適応と伸びしろ

カンパニーや学校独自の

特色を尊重し、フィットし、

​その中で成長が見込める

*​特別性・個性*

By Name(指名)される

その人にしかない魅力

留学やプロを目指すなら
知っておいていほしいこと​
ーバレエスタイルのいろいろー

世界3大バレエのイギリス、フランス、ロシアに加え、古典のチェケッティの4つは​

それぞれに歴史があり、専属の養成機関などを通じ継承されつづけ、

グローバル化に伴い現在はいろんなスタイルが混ざり合っていると言われています。

一昔前の日本ではロシアンバレエが人気のようですが、

現在はいろんなメディアがありロシア以外のバレエにもたくさん触れられます。

きちんとお作法を区別し教えられる先生は少ないでしょうが、

日々広い視野を持っておくのはいろんな身体の使い方学ぶうえで有効です。

バレエ、コンテ、ジャズなど、いろんなダンスを知っておきましょう。

私の対応としては、

皆様が興味のあるスタイルの特徴に適応しやすいようにプログラムの内容を調整しています。

​興味のある方は多少の資料を紹介しますので、いろんな様式美・考え方を楽しんでみてください。

留学やプロを目指すなら
知っておいてほしいこと​​
ーゲストティチャーから学ぶことー

コンクールを目指すだけならばそれほど気にならないかもしれませんが、

留学やプロを目指していく場合には大きな差が出るのがゲストの先生から何を学びとるかです。

先生方との相性が一番大事ですが、長期休みのワークショップなどで教えていただける機会があれば

普段会わない、珍しい存在の先生にも会ってみてください。

ーーマウスオンで特徴が表示されますーー

​魅力的な先生たち

いい先生の条件は様々、目標やお子さんの人柄の相性があります。

先生も人間なので余裕がなかったりします。

そこはあまり気にしすぎないようにしています。

子どもと同様に先生方の魅力を引き出せるか、

​その魅力が子供にあっているのかを見ています。

プロを意識しながら研鑽を積むときには、

先生が輩出してきた子どもたちの留学先をチェックします。

コンクール入賞と短期留学でいい場合には

「秀才(品行方正で真面目、ガリ勉)」を得意とする先生がよく、

プロを検討する場合には、

本当に色んな分野に生徒を輩出できる

子どもたちの特徴をプロとして磨き上げる

懐の広さが見てとれる先生がおすすめです。

品行方正な先生に育てられると、

「先生の言う正解」を「教えてもらう」という姿勢が抜けないので、

プロ、とくにコンテなどで通用しない印象があります。

「習い事」バレエとしてはおすすめです。

お子さんの人柄、目標、家族としてのサポート体制など

色んな要素で先生を選んでください。

​幼少期
小学生低学年

規律を重んじるよりも
リズム感や人間性を見てくれる環境が好ましいと思います。
小さい子どもたちをお姉さんたちが笑顔で
面倒を見てくれている様子は
とてもいい文化だと思います。
社会の中で信頼できる、助けてくれる人を
沢山提供してくれる先生は長い目で見て魅力的です。

留学やプロを目指すなら
考えておいてほしいこと​

ーターンアウトはどうしてするの?ー

「ターンアウトはどうしてするの?」

「Why do you think turn out is necessary?」

この質問をバレエ関係者にするとびっくりされます。

「そんなことかんがえたことないかも??」(正直)

「それはね、、、股関節からまわすことでね、、」

​「足をあげる時に大転子が通り抜けれるように、、、」

「表現のために自己解放のための、、、、」???

「日常生活でしないから、故障のきっかけでバレエはキケン」・・・

どこかの誰か話を丸暗記して話している、

この印象が否めません。

ターンアウトを何のためにするか明確な目標がないまま、

解剖学を学んでもそれが何のためにやるのか不明瞭で

「膝やつま先が横を向く」という目標では容易に故障者を出します。

引退済みの優秀なダンサーでも人工股関節置換術組が多いのは

バレエ業界の抱える問題です。

各ダンスに、それぞれに決まったお作法があります。

様式美であるだけでなくそれを必要とするからです。

日本舞踊の世界では「内また」がお作法です。

スポーツの各界でも種目に応じたお作法があります。

スポーツリハビリで昭和な初期教育をうけた理学療法士で、

30歳でバレエの学習を始めた私は、

ターンアウトは「やらねばならない」「めんどくさい事」でなく、

バレエという踊りを効率的にマスターしていくための

「秘訣」「コツ」「エッセンス」と捉えています。

クリアでリスク少ないターンアウトを提供したいと思っています。

留学やプロを目指すなら
知っておいてほしいこと​
ープロもプロからコーチをうけるー

プロ同士でも教え、教え合う関係があります。

このビデオで引退直前のプリンシパルのアレックスは

同じくプリンシパルのシャオナンユー(女性)と

プリンシパルになったばかりのマクギー(背の高い男性)に

スワンレイクのコーチングしています。

また​後半のインタビューで、

アレックスは先輩たちが自分に投資してくれた分を、

同じように僕もみんなに受け渡していくんだと話しています。

他にも、ロイヤル・バレエ団はリハーサルをyoutubeで公開いており、

11月頃には毎年ワールドバレエデイで世界中のバレエ団の様子が見れます。

​実際にプロの思考が見て取れるので、ぜひ情報収集してください。

​SESSION FEE

初回のトライアルは90分(施術は60分程度)、6600円です。

ニ回目以降は月謝制です。

各月の初回に該当付き分をお支払いください。

遠方・多忙の場合は、無理のないように

対面とオンラインの組み合わせて下さい。

単純に身体が動けばいいというセッションではないので、

​オンラインとのコンビを検討しているときは遠慮なく申込時に教えて下さい。

90分
1回 11000円

2回 19000円(1回9500円)
4回 36000円(1回9000円)

※60分
1回 7500円

2回 14000円(1回7000円)
​4回 26000円(1回6500円)

90分セッションでは2つのテーマを、

60分セッションでは1つのテーマを取り扱います。

遠方・多忙の場合は、無理のないよう

対面とオンラインの組み合わせをして下さい。

​※60分は基本的に問題をスムーズにできてからでお願いします

リハビリ 1回毎
整形外科的 15000円
痺れなどを伴う場合 18000円
​初回申込とトライアルの際に判断いたします。
痛みや違和感なくスポーツ活動出来ない場合は
スキルアップのまえにリハビリでセッションをします。

​コメント(準備中)